enひかりの料金って本当に安いの?実際にかかった初期費用は?

この記事はenひかりの料金について説明しています。

enひかりの全般を知りたい方は先に下の記事を読まれることをおすすめします。

→ enひかりの評価と評判!契約者がメリットとデメリットを解説!

月額料金

enひかりはシンプルな料金体系で安いを売りにしています。

戸建で4,300円、マンションで3,300円、年数とかスマホ割とか関係ありません。いつもシンプルにこの金額です。

どのくらい安いのか、同じNTTの回線を利用しているプロバイダ(ドコモ光とフレッツ光(OCN))と比較してみましょう。※ドコモ光はタイプA 2年契約ありとなし、フレッツ光(OCN)は2年割適用の金額です。

ドコモ光、フレッツ回線との料金比較

月額料金の比較表です。

戸建て マンション
enひかり 4,300円 3,300円
ドコモ光 5,200円(2年契約)
6,700円
4,000円(2年契約)
5,000円
フレッツ光(OCN) 東 6,100円
西 5,600円
東 4,550円
西 4,050円

比較してみるとはっきりしますね!

では月額の差額を表にしてみるとどうなるでしょうか?

戸建て マンション
ドコモ光 900円(2年契約)
2,400円
700円(2年契約)
1,700円
フレッツ光
(OCN)
1,800円(東)
1,250円(西)
1,300円(東)
750円(西)

ちなみに2年間利用した差額をまとめると…

戸建て マンション
ドコモ光 21,600円
57,600円
16,800円
40,800円
フレッツ光
(OCN)
43,200円(東)
30,000円(西)
31,200円(東)
18,000円(西)

かなり大きな差が出てきます。長期間になればなるほど金額の差が大きくなりますね!

ただしドコモ光だと、キャッシュバックがつくプロバイダもあります。それを差し引いても、「enひかり」が安いんです!

初期費用 (戸建て・マンションともに)

他社同様、enひかりでも初期費用がかかります。新規or転用、工事ありorなしで金額は違います

転用とは、いまフレッツひかりを利用している人がenひかりに変更することを言います。それ以外の方は新規になります。

事務手数料

区分 事務手数料
新規 3,000円
転用 2,000円

工事費

他社同様、土日祝日の工事はプラス3,000円になります。

既に光回線が配線されている場合、配線新設なしになる可能性があります。ただし、この部分はNTTの判断になるので工事日に変更されることもあります。

わたしも、初めは配線新設ありと説明されましたが、工事日に工事業者さんから配線新設なしになると説明を受けました。

訪問工事あり
配線新設あり
15,000円
訪問工事あり
配線新設なし
7,600円
訪問工事なし 2,000円

※工事内容によっては別途工事費用が発生する場合があります。
※工事費は基本的に一括払いになります。

料金開始のタイミング

料金がいつから発生するのかですが、enひかりの料金開始日は、

  • 新規 ⇒ enひかりの工事完了日
  • 転用 ⇒ 切替完了日

です。

enひかりの工事日や転用日は、送られてくる「ご契約内容のご案内」で確認できます

blank

enひかりには日割り計算がない

ここで注意点ですが、月額基本料は日割計算になりません。ひと月分満額での請求になります。

つまり、1日に工事完了しても、15日や30日に完了しても、その月の利用料金が満額発生するということです。

なので、できるだけ月初めに、工事日や転用日を決めるとよいかもしれません。

ただ工事はNTTが行うので、工事日がすべて希望通りに行くとは限りませんので、そこもご注意ください!!余裕をもって申し込まれることをおすすめします。

支払方法

enひかりの支払方法は、

  • 請求書払い
  • 口座振替(@ビリング/Myビリング契約なし)
  • 口座振替(@ビリング/Myビリング契約あり)
  • クレジットカード払い

があります。

送られてきた支払用紙に記入して送付することで登録することができます。

送られてきた支払用紙

ただし、クレジットカード払いの方はインターネット上でも支払の登録も行えます。

enひかりをクレジットカードで支払う登録

(@ビリング/Myビリング契約あり)とは?

@ビリング/Myビリング契約とはWEB明細のことです。

@ビリングはNTT東日本の呼び名、MyビリングがNTT西日本の呼び名です。

口座振替で@ビリング/Myビリング契約のなしだと毎月手数料がかかるので、紙の明細書がどうしても必要という方以外は加入されることをおすすめします。

料金支払の書類を提出する時に一緒に加入できるので、ご安心ください。※チェックの入れ忘れにご注意ください

blank

インターネットで支払の申込みをする場合も、一緒に申込みができます。

blank

支払手数料

支払方法によって手数料が発生します。

手数料名 1回あたり費用
請求書払い 料金請求書発行料 200円
口座振替
(ビリング契約なし)
料金口座振替のお知らせ/領収証発行料 200円
口座振替
(ビリング契約あり)
なし なし
クレジットカード なし なし

クレジットカード払いか、口座振替でも@ビリング/Myビリングに申込みをすれば、毎月手数料がかかることはありませんので、ご安心ください!

enひかりのオプションサービス

enひかりにはいろいろなオプションサービスが用意されています

主なものは、

  • enひかり電話 500円
  • enひかりリモートサポート 500円
  • enひかりテレビ 660円
  • enひかり「V6プラス」 180円
    ※管理人KEIは「V6プラス」オプションは必要と考えています
  • enひかり固定IP 700円

などです。詳細を知りたい方は、enひかり公式ページよりご確認ください。

オプションサービス V6プラス

enひかりをより快適に利用するために、V6プラスオプションに加入することをおすすめします。

V6プラスとは、安定してインターネットを速くするオプションです。V6プラスに入らなくてもインターネットは利用できますが快適度が全然ちがいます。

そのオプションがenひかりだと月+180円です。

契約後に「V6プラスオプション」を申し込むと事務手数料がかかるので、最初の契約時に申し込むことをおすすめします。※それを差し引いても2年で17,280円~12,480円の差(ドコモ光)が出てきます。

→ 「enひかり」で速度測定!「V6プラス」に加入したら63倍速くなった!

レンタル機器の料金について

ひかり電話を利用予定の方

ひかり電話を利用予定の方は、ホームゲートウェイレンタル料金がかかります

  • ホームゲートウェイ  200円/台
  • ホームゲートウェイ(無線LAN機能付き) 300円/台

ひかり電話を利用される方で「V6プラス」オプションに加入する場合、このホームゲートウェイ(レンタルルーター)があれば利用できます。なので別途「V6プラス」対応ルーターを用意する必要はありません。

ひかり電話を利用されない方

ひかり電話を利用されない場合、「GE-ONU」などが届きます。

blank

この機器(GE-ONU)にはルーター機能がついていないので、複数台をインターネットに接続したい場合別途ルーターが必要になります。既に無線ルーターをお持ちであればそれを利用できます。

ただし、1つ注意点があります!

「V6プラス」オプションに入られる方は、「V6プラス」対応機器が必要になります。

対応機器がないと、V6プラスではつながりません。V6プラス対応Wi-Fiルーターについては別の記事でまとめています。

→ V6プラス対応無線LANルーター(Wi-Fiルーター)全機種まとめ

実際かかった初期費用

わたしが実際に利用して、最初にかかった料金を公開します。ここでは税込の金額になります。

わたしは、V6プラスを途中から契約したので、V6プラス事務手数料がかかっていますが、最初から契約すればこの手数料はかかりません。

enひかりの初期費用

手数料 料金(税込)
NTT工事費用 8,208円(新設なし)
契約事務手数料 3,240円
V6プラス事務手数料 2,160円
enひかり月額利用料 4,644円
V6プラス利用料 194円
合計 18,446円

enひかりの料金まとめ

初期費用、月額費用、オプションなどかかる費用をまとめて紹介しました。

とにかく、シンプルに安いことはお分かりいただけたのではないでしょうか?

それでは また!

enひかり