Apple IDの2段階認証(2ファクタ認証)ができない時の対処方法

iPadの調子が良くないのでリセットをしたのですが…

初期セットアップ時、Apple IDの2ファクタ(2fakuta)認証で問題が発生しました。

Apple IDの2ファクタ認証とは

2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。

引用:Apple ID の 2 ファクタ認証

それで、新しいApple製品に初めてサインインする場合は、信頼済みのApple製品に自動的に表示される6桁のパスコードを入力します。

タップできる目次

正常な場合

正常なら画面に表示される「Apple IDサインインが要求されました」のメッセージにある「許可する」をタップすると、6桁の数字のパスワード(Apple IDの確認コード)が表示されます。

そのコードを新しい端末に入力するだけで完了するのですが、今回はそうはいきませんでした!

2ファクタ認証が行えない

信頼済みのApple製品(私の場合iPhone)に届いた認証確認コードを入力しても、

「確認できませんでした。不明なエラーが起きました。」

と表示され認証ができない症状です。

確認できませんでした。不明なエラーが起きました。

対処方法

対処の方法ですが、わたしはいったんApple IDの設定をスキップして初期セットアップを完了させました。

スキップ後「設定」からApple IDの設定(iTunes StoreとApp Store)でも認証できませんでした。

それで、認証をテキストファイルで認証する方法で実施しました。

1.「認証コードを受信されませんでしたか?」をタップします

PCの場合
iPhone/iPadの場合

2.「SMSを送信」をクリックします

3. 携帯のSMSに確認コードが届くのでこのコードを入力します

これでわたしは確認が取れました!

LINEMO

確認コードを自動的に受信できない場合

信頼されたデバイスで確認コードを自動的に受信できない場合があるようです。その場合は手動で入手します。

iPhone、iPad、iPod touchの場合

iOS 10.3 以降

下記の2点どちらかで取得

  • 設定 ⇒ ユーザー名 ⇒ パスワードとセキュリティ ⇒ 確認コードを入手
  • 設定 ⇒ ユーザー名 ⇒ パスワードとセキュリティ ⇒ 「アカウントの詳細を利用できません」というメッセージが表示たら ⇒確認コードを取得をタップ

iOS 10.2 以前

下記の2点どちらかで取得

  • 設定 ⇒ iCloud ⇒ Apple ID ユーザ名をタップ ⇒ 確認コードを入手
  • 設定 ⇒ iCloud ⇒ Apple ID ユーザ名をタップ ⇒ パスワードとセキュリティ ⇒ 確認コードを入手

Macの場合

下記の2点どちらかで取得

  • Apple メニュー ⇒ システム環境設定 ⇒ iCloud ⇒ 確認コードを入手 ⇒ アカウントの詳細 ⇒ 確認コードを入手
  • Apple メニュー ⇒ システム環境設定 ⇒ iCloud ⇒ 確認コードを入手 ⇒ アカウントの詳細 ⇒ セキュリティ ⇒ 確認コードを入手

これでも確認コードが受信できない、サインインできない場合はアカウントの復旧をリクエストすることになります。

ただし、復旧には数日からそれ以上かかることがあるようです。

後日談

じつは原因が気になってiPadのリセットを数回して症状の再現をしてみました。当日はやはり認証がうまくいきませんでしたが、翌日行うと普通に認証ができました。あの苦労はなんだったの…?

結果、Apple側で一時的に何か問題が出ていたのかもしれません。確証はありませんが…。

以上がApple IDの2段階認証(2ファクト認証)がうまくいかなかったときの実際に対処した方法です。同じ現象になられている方は試してみてください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる