amazon music 3か月99円で音楽聞き放題
Wi-Fi

Wi-Fiの「gw」や「aw」ってどういう意味ですか?

こんにちはKEIです。突然ですが、こんな質問を受けることがあります。

家の無線電波に「〇〇-gw」って電波があるんですが、これって何ですか?

この「gw」や「aw」と表示されるSSID(Wi-Fiの名前)を、auひかりの無線を利用されている方や、ちょっと前のNEC製の無線ルーターを使用されている方などは見かけるかもしれません。

まず「gw」「aw」の違いですが、それは周波数です。

「gw」は2.4GHz「aw」が5GHzの電波になります。

ssid

「gw」「aw」の電波とは?

「gw」や「aw」がついている無線はセカンダリSSIDと呼ばれ、主にお客さん用やゲーム用として利用する電波です。

WEP接続の場合

以前のモデル(上の写真)だと、セカンダリSSIDの設定欄にWEP(ウェップ)という記載があるかもしれません。それは、WEP方式で暗号化されている電波という意味です。

古いパソコンでは、最新の規格の電波につなぐと接続が不安定になることがあります。そのような時は、しかたなくWEP方式で暗号化されている「gw」とつなぐということもありました。

しかし、WEPは解析ツールを使えば数分でパスワードを解析できてしまうという、セキュリティ面で重大な欠陥があります。

そして、速度面でも、高速な無線通信規格(11nや11ac)はWEPに対応していないため、WEPを使うと最大通信速度が54Mbpsで接続されることになります。

Wi-Fiの規格一覧 Wi-Fiの歴史を振り返ってみたWi-Fiを調べていると、11aや11g,11ac…こんな記号のようなものを見ることがあるかもしれません。 これは、IEEE802...

それで、古いパソコンやゲーム機を利用の方以外、メイン電波としては利用しない方が多いようです。

Aterm BL1000HWなど最新のWi-Fi機器ではWEPは利用できなくなっているようです。

※機種によってはセカンダリSSIDは無効に設定されているので、利用したい場合はルーター内の設定を変更する必要があります。
出典:Aterm BL1000HW機能詳細ガイド

結論

「gw」や「aw」の電波は一般的には使用しませんが、お客さんに一時的に利用してもらうために使うこともあります。

またWEP対応の電波であれば、古い機器の接続が不安定な場合、利用することもあります!

 

この記事をお読みの方で、もしインターネットが遅くて悩んでおられる方はNURO光をおすすめします!はっきり言って速いです!

うちの自宅だと、昼(15:30)944Mbps夜(21:30)912Mbpsでています。※測定サイト:googleスピードテスト

NURO光がこれだけでわかる!利用者がデメリットや評判を教えます 安い!速い!って言われるNURO光ですが、実際のところはどうなの?と不安ではありませんか? 現在NURO光を利用中の管理人...

ただ、NURO光はエリア(関東、東海、関西)が限られていいるので、それ以外の方は全国で利用できる「enひかり」をおすすめします。

「enひかり」を徹底解説!契約して感じたメリットとデメリット 毎月のインターネット通信費が高い…という悩みを抱えている人は多いですよね。 「毎月6,000円もインターネットに支払っ...

それでは また!

ネット回線はどこがお得?