V6プラス

V6プラスのデメリットって?加入前に必ず確認しておきましょう!

NTT回線を利用している方なら、「V6プラス」オプションに加入するとインターネットのスピードが上がるのはご存知だと思います。

「enひかり」で速度測定!「V6プラス」に加入したら63倍速くなった!「V6プラスにすると速くなる」ってよく聞く文言ですよね! でも、本当に速くなるのか知りたくないですか?周りでも速くなったと聞くので...

でも、「V6プラス」に加入すると利用できなくなるサービスもあるので注意が必要なんです!それで今回は、V6プラスのデメリット、加入すると利用できないサービスの紹介です。

「v6プラス」でご利用できないサービス(デメリット)

ちなみにソネットでは次のように説明されています。

「v6プラス」と同時にご利用できないサービスについて

  • So-net フォン(補足:IP電話)
  • 固定IPサービス
  • ダイナミックDNSサービス

また以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。

  • 特定のプロトコル (PPTP、SCTP) を利用するサービス
  • 利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

これらを見て、うーんよくわからない…という方はあまり関係ないと思います!

具体的にどんなことができないのか一例をあげてみると…

オンラインゲーム

すべてのオンラインゲームではありませんが、特定のポートを使うPS4の一部オンラインゲームは「V6プラス」では接続できないようです。

それでもし、オンラインゲームをされているなら、申し込む前に「V6プラス ゲームの名前」検索してみてください。

実際に試したレビューがたくさんありますので参考になると思います。

PS4でネットワークプレイができない場合、ルーターの「UPnP」を無効にすることで解決されるようです。

WEBカメラや自宅サーバー

V6プラスでは固定IPが初期の状態では使えません。

それで自宅にWEBカメラやサーバーを設置して、外部から見ておられる方は利用できなくなってしまいます。

ただし「固定IPサービス」オプションに加入することで、それらも利用できるので、本当に必要な方は「固定IPサービス」に加入されると良いと思います。

さいごに

「V6プラス」は安定して速くなるメリットがありますが、デメリットもあることを理解しておく必要があります。

ほとんどの方は、関係ないと思いますが一部の方は大きな支障となるはずです。

それで加入前にはかならず、確認してから入られることをおすすめします。

万が一、「V6プラス」を解約するしたい場合は、利用中のプロバイダに連絡をすると行えます。※プロバイダによっては違約金がかかります。

または、「V6プラス」(IPoE方式でのIPv4通信) を無効にすることもできるようです。※くわしくはやはりプロバイダに相談してください。

以上が、V6プラスのデメリットでした。

それではまた!

 

いまのプロバイダにV6プラスオプションがなかったり、インターネットに6千円前後支払っている方は光コラボのenひかり」がおすすめです。

わたしも実際に加入してレビューしていますので参考までに!

「enひかり」を徹底解説!契約して感じたメリットとデメリット 皆さんは、家のインターネットってどのくらい支払われていますか? という方が多いのではないでしょうか?長期間...
ネット回線はどこがお得?