マイクロソフト Surface Laptop3 13.5インチ(VEF-00039)購入レビュー

usb-cとSurfaceLaptop3

今回、Surface Laptop3(サーフェス ラップトップ3) 13.5インチ VEF-00039  ブラックを購入しましたので、レビュー記事になります。

CPUクアッドコア Core i5-1035G7
クアッドコア Core i7-1065G7
メモリ8GB
16GB
Wi-FiWi-Fi 6: 802.11ax 互換
液晶サイズ13.5インチ(10点マルチタッチ)
解像度2256 x 1504 (201 PPI)
重さメタル 1,288 g
アルカンターラ 1,265 g
本体サイズ308 mm x 223 mm x 14.5 mm
バッテリー最大 11.5 時間
価格139,480 から308,880円
ソフトウェアWindows 10 Home
Office Home & Business 2019

 

Surface Laptop 3 13.5 インチは、 Core i5モデルが2種類、Core i7モデルが3種類あり、あとはストレージ(SSD)の容量で料金が変わります。

私が今回購入した型番:VEF-00039 は、(CPU:Core i7、メモリ:16GB、SSD:256GB)というスペックになります。

13.5インチの中で料金はちょうど中間に位置しますが、CPUやメモリは一番良いものを搭載しているモデルです。

ではさっそく気になるスピード面をご紹介します。

Surface Laptop3 13.5インチのCore i7-1065G7は薄型ノートとしては高い性能

Surface Laptop 3 のCore i7モデルは、第10世代のクアッドコア Core i7-1065G7を搭載しています。

surfacelaptop3-cpz-score

PASSMARKでは、2019.11月現在のAverage CPU Markは10819となっています。

CPU-passmark

出典:PassMark

おなじみのベンチマークテスト「CINEBENCH R20」でもCPU性能チェックをしました。※電源モードは「最も高いパフォーマンス」で計測

結果は、CPUが1589ptsCPU(Single Core)が451ptsでした。

surface laptop3のsinebench

 

前モデルのCore i7 8565Uより、ベースクロック(1.8Ghz→1.3Ghz)とターボクロック(4.6Ghz→3.9Ghz)が低くなっているのに性能は上がっています。※参考までにCore i7 8565UのPassMarkは8894です。

薄型PC向けCPUとしては、文句ない性能ではないでしょうか。Word、ExcelやPhotoshopでの編集、YouTubeなど快適に使えています。実際これまで使用していた一体型デスクトップPCよりPhotoshopの起動時間など体感的に速くなっています。

グラフィック性能は「すごく快適」評価も出た

Surface Laptop3 13.5インチ はCPU内蔵GPU「Intel Iris Plus Graphics G7」を搭載していますが、こちらは高性能GPUとして評価が高いです。

いままでの主流だった「UHD620」より性能は大きく上がっているようです。

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

一つ目のベンチマークソフトは「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51」です。最高品質、1920×1080、フルスクリーンで2回測定しています。

このベンチマークでは、評価の種類として「すごく快適、とても快適、快適、普通、やや重い、重い、動作困難」がありますが、Surface Laptop3 13.5インチ i7モデルでは、スコアは10015(すごく快適)、2回目が9936(とても快適)となりました。

ベンチマークテスト3
ベンチマークテスト5

 

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

次のベンチマークテストは「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」です。

設定は、フルスクリーンモード、画面解像度プリセット1980×1080、グラフィックス設定プリセットは、高品質(ノートPC向け)と、標準品質(ノートPC向け)で実施しました。

結果は、高品質(ノートPC向け)で3561(快適)、標準品質(ノートPC向け)で4626(快適)になりました。

ベンチマークテスト6
ベンチマークテスト7

レポートテキストをチェックすると、平均フレームレートも高品質(ノートPC)で24FPS、標準品質(ノートPC)で32FPSと快適な動作が見込める評価が出ています。

レポートテキスト1
レポートテキスト2

結論として、グラフィック設定や解像度は高くしても快適にゲームを楽しめる数値です。それでもフォートナイトなど競技性の高いオンラインゲームをがっつりする方にはお勧めできません。オンラインゲームをされる方はやはりグラフィックボード付きのモデル(デスクトップPCやゲーミングノートPC)を選ぶほうが良いと思います。

それ以外の方なら、Surface Laptop3 13.5インチ i7モデルはかなり快適に利用できるパソコンになると思います。

Surface Laptop3 13.5インチのストレージテスト

KBG40ZNS256G TOSHIBA MEMORY

SSDは東芝製256G(KBG40ZNS256G TOSHIBA MEMORY)が搭載されていました。コネクタタイプはM.2 Mで、小さくても高速なSSDです。

KBG40ZNS

出典:KIOXIA

メーカーの紹介では、シーケンシャルリード(最大)2,200 MB/s、シーケンシャルライト(最大)1,400 MB/sとありますが、わたしのPCでもそれ以上の数字が出ています。

CrystalDiskMarkのVer6.0.2とVer7.0.0で測定しています。

ベンチマークテスト9
ベンチマークテスト8

これまで2.5インチ SATA SSDを使っていたので、速度は格段に上がっています。参考までにSSD速度を比較しているサイトがあったのでリンクを張っておきます。

ゲームPCバンク SSDの速度比較

 

スピードは私の利用では全く問題ありませんでした。サクサク動くのはやはり大事ですよね!さすがはマイクロソフトといったところでしょうか?

続いてはデザインなどその他良かったところです。

デザインは高級感ありで剛性もバッチリ

スピード面は満足のいくものでしたが、デザインもかっこいいです!MacBookを使いたいけどWindowsが良い…という方にはピッタリのパソコンです。

Surface Laptop3 13.5インチとディスプレイ接続はUSB-Cがめちゃめちゃ便利

usb-cとSurfaceLaptop3

自宅では、Surface Laptop3 13.5インチを24インチディスプレイ(DELL P2419HC )と接続しています。

Surface Laptop3 はUSB-Cが搭載しているので、ディスプレイとはUSB-Cケーブル1本で充電、映像を送ることができのでデスクトップ回りもすっきりします。

いまのところ付属の充電用Surface Connect ポートは、最初の充電の時にしか使っていません。やっぱこれからはUSB-Cですね!

 

私が購入したUSB-Cケーブルはアンカー製です。50cmと短いケーブルですが、デスク周りをスッキリさせることができます。

Surface Laptop3 13.5インチのいまいちな所

指紋が目立つ

ブラックはかっこいいです。かっこいいのですが指紋が目立つ…。でもこれは買う前からわかっていた事です。メタルモデルでシルバーがあればそっちが欲しかったです。

レッツノートと比べるとずっしりな重さ

SurfaceLaptop3の重さ

公式には1,288 gですが、わたしのスケールでは1,300 gでした。もちろん軽いですが、仕事で使っているレッツノートSZ6(929g)と比べてしまうとずっしり感じます。まぁレッツノートが他と比べて軽いだけなんですがね。

さいごに

まだ使って1週間なのでこれといった悪い点は見当たりませんが、長く使える道具として購入してよかったと思っています。

画面フィルムなども購入予定なので、そちらも後日アップしたいと思います。

それでは、また!