ソフトウェア

ワード(Word)やエクセル(Excel)にパスワードをかける方法

こんにちは、KEIです。

エクセル(Excel)で家計簿をつけたり、ワード(Word)で手紙や日記をつけたりしている方もおられると思います。

そのような大切なデータ(エクセルやワードの文書)にパスワードを付ける方法を取り上げます。

言うまでもないことですがパスワードをかけた場合忘れると開けなくなりますので取り扱いにはご注意ください。

パスワードを忘れなければ再度パスワードなしの状態に戻すことができますのでご安心ください。

まずパスワードには2種類あります。用途に合わせて設定してください。

  • 読み取りパスワード:文書を開くために必要なパスワードです。パスワード入力しないと作成した文書を開くことができません。
  • 書き込みパスワード:文書の内容を編集するために必要なパスワードです。「読み取り専用」(編集ができない)としてならパスワード入力しなくても閲覧はできますが、編集するならパスワードが必須になります。

 

では設定方法です。

今回はエクセルで案内していきます。

パスワードをかける方法はエクセルもワードも流れは同じです。

「読み込みパスワード」

  1. パスワードをかけたい文書の「ファイル」をクリック
  2. 「名前を付けて保存」をクリックして、おすきな保存先を指定します。(↓の図解ではドキュメントに保存)
  3. 保存する時「ツール」をクリックし、「全般オプション」をクリックします
  4. 「読み取りパスワード」にパスワードを入力し「OK」をクリックします
  5. 「パスワードをもう一度入力」画面がでますので、先ほど入力したパスワードを入力して「OK」をクリックします

以上でパスワードが掛かりました。

作成した文書を開くと「〇〇は保護されています」と表示されますので、設定したパスワードを入力してください。

「書き込みパスコード」

上の手順4で「書き込みパスコード」を選択した場合も、設定の流れは同じになります。

しかし、保存後文書を開くときの画面は違います。

パスワード入力をして「OK」をクリックすると編集可能な文書が表示されますが、

「読み取り専用」をクリック(パスワードの入力がいらない)すると、文書の編集は不可ですが閲覧はできます。

他の人に文書を渡す場合、文書の編集を禁止し、閲覧だけ許可する時には「書き込みパスワード」をかければ、パスワードを伝えない限り編集されることはありません。

パスワード解除の方法

パスワード解除は簡単です。

また、上の手順4まで進めてください。

かけたパスワード(****)が表示されていると思います。

その(****)部分を空白(削除)にして「OK」をクリックするだけです。

これだけでパスワードは解除できます。

まとめ

エクセル(Excel)やワード(Word)にパスワードをかける方法の紹介でした。

「名前をつけて保存」する時の「ツール」内「全般オプション」からパスワードをかけることができました。

重要な文書、個人的な文書にはパスワードをかけてみるのはいかがでしょうか?

くれぐれもパスワードは忘れないようになさってくださいね。

ではまた!

あわせて読みたい
講師も使っているワードやエクセルの使い方を勉強するおすすめ本こんにちはKEIです。 と聞かれることがあります。 もちろん、通う時間と費用があるようでしたら通うのもいいと思います...