ソフトウェア

講師も使っているワードやエクセルの使い方を勉強するおすすめ本

こんにちはKEIです。

これからワード(Word)やエクセル(Excel)の使い方を勉強したいのだけど…パソコン教室に行かないといけませんか?

と聞かれることがあります。

もちろん、通う時間と費用があるようでしたら通うのもありだと思います。

ただ多くの方は空いた時間に勉強したいと思われています。そうなるとパソコン教室はハードルが高くなりますよね!

またパソコン教室では、自分では使わない機能も学ぶので、せっかく時間をかけて学んでも、すぐに忘れてしまうという方もおられるようです。

それで、今回は独学でワードやエクセルを学ぶ方法をご紹介したいと思います。

⇒ ワード(Word)やエクセル(Excel)にパスワードをかける方法

バージョンを調べる

ただし勉強する前に前準備が必要です。

ワードやエクセルにはバージョンがあります。 例)Word2010、Word2013、Word2016など

まずは、学びたいワードやエクセルのバージョンを調べましょう。

  1. ワードやエクセルを開いて「ファイル」をクリックします
    「ファイル」をクリック
  2. 「アカウント」をクリックします
    製品情報の下にバージョンの番号が表示されています
    「アカウント」をクリック

この方法でバージョンが表示されない方は、「Wordのバージョン情報」をクリックすると確認できます

違うバージョンで勉強するのは少し面倒なので、使用しているバージョンで学ぶことをお勧めします。

独学で学ぶ

ここからが本題ですが、独学と言ってもいろいろありまして…

まずはインターネットの通信講座を利用する方もおられます。ただしこれはまあまあ高価です。

それでわたしは、ワード・エクセルの使い方を学びたいのであれば、本を購入して勉強することをお勧めしています。

本だと自分のパソコンで、自分のペースで勉強ができます。使わないな~と思う機能があったら、その部分は後回しにすればよいのです!

どの本がお勧め?

でも、ワード・エクセル関連の本って数多く出版されていますよね。じゃあどの本がおすすめなのか?という話になるのですが…

基礎から勉強したいなら、「富士通エフ・オー・エム株式会社(FOM出版)」をおすすめしています。

実際にワードやエクセルの講師をされている先生もこの本をおすすめしていました。

そして、私がお手伝いしているパソコンの講習会でもこの本を使って勉強しています。

インストラクターに身近で教えてもらっているような「わかりやすさ」が特徴のおすすめ本になります。

しつこいようですが、バージョンごとに説明が違うので、間違えないで選んでくださいね!

Word2016の方

Word2013の方

Excel2016の方

Excel2013の方

人気資格のMOSをとるなら

使い方をある程度学んだら、ステップアップに資格の取得を目指してもいいかもしれません。

ワード・エクセルの資格だと、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)が人気の高い資格になります。

対策におすすめの本もやはりFOM出版です。2016年版はAmazonでもベストセラー1位になっていますね。

さいごに

自分のタイミングで学びたいという方は、本を使って勉強するのがおすすめです。金銭面も独学なら少額ですみますし、時間面でも自由が利きます。

ワードやエクセルは「習うより慣れろ」とよく言われますが、本を読むだけでは覚えることは難しいでしょう。

実際に触って使わなければ、わかりませんし、上達もしません。これは間違いありません。

ワードやエクセルを勉強すると、家計簿から文書作成までいろんなところで使えるので、この機会に一歩進んでみてはいかがでしょうか?

それではではまた!

⇒ プロが選ぶおすすめプリンターのまとめ

【最大2.5%】アマゾンでもっと安く購入する方法

アマゾンでの購入なら、Amazonギフトカードを利用するのがおすすめです。

アマゾンギフトカードに現金チャージして商品を購入すると、最大2.5%のポイントが還元されます。(※コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージのみ)

たとえば、Amazonで年間50万くらい利用する方なら、最大2.5%の場合12,500円のポイントが入ってきます。仮にクレジットカードで支払うと、0.5%~1.25%(2,500円~6,250円)くらいのキャッシュバックなので実質5倍~2倍お得になります。

このように普段Amazonで購入される方ならギフトカード経由が絶対にお得なんです。もちろん、ギフトカードとなっていますが自分の買い物に利用できます。

ポイント受け取りまでの流れは、

  1. チャージタイプを注文する(「コンビニ・ATM・ネットバンキング払い」を選択)
  2. コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う
  3. ポイントを受け取る

 

ですが、詳細はAmazon公式ページでご確認ください。

Amazonギフト券チャージタイプ