Windows Hello ってなに?指紋を使えば起動時のストレスフリーに!

パソコンの起動時に必要なパスワードの入力を、指紋や顔認証で行える機能が『Windows Hello』といいます。Windows10のパソコンで利用できます。

Windows Hello とは

Windows Helloについてマイクロソフトでは次のように説明されています。

Windows Hello は、目で見たり、タッチしたりするだけという、よりパーソナルな方法で Windows 10 デバイスにサインインする機能です。 これにより、パスワードを入力することなく、企業で採用されるレベルのセキュリティが実現されます。

出典:Microsoftサポート

簡単に言うと、スマホでは当たり前になっている『指紋認証』や『顔認証カメラ 』を、Windowsパソコンでも使えるようにしましたってことです。

Windows Helloを利用するために必要なもの

ほとんどのパソコンは、指紋認証センサーや顔認証カメラ を搭載していないので外付けする必要があります

MEMO
追記:最近では顔認証カメラ搭載PCが増えてきましたので、別途機器を購入しなくてもすぐに利用ができます。

Windows Hello 対応 指紋認証

私も指紋認証を使っていますが、本当に便利です。センサーに指を触れるだけですぐにログインできます

指紋認証センサーはたくさんのメーカーさんから出ていますが、私が購入したのはPQIの「My Lockey」です

PQI Japan USB指紋認証キー My Lockey FIDO認定 Windows Hello機能対応 マイナンバー対策 1年保証 (国内正規品) DUFPSL

created by Rinker

 

何社も指紋認証センサーを出しているのですが、読み取り速度と正確さを重視しました。

クチコミとおり、スキャンはあっという間です。1秒かからないスピードです。

ただし、指が濡れているときなどは何回かスキャンしないと認識してくれません。それはiPhoneでも同じですが…。

設定もとても簡単です。

  • [スタート]  ボタン ⇒ [設定]  ⇒ [アカウント] ⇒ [サインイン オプション]  の順に選んで、Windows Hello を設定します。

故障

「My Lockey」を利用して半年くらいで、センサー回りのプラスチックが割れて一回交換しました。

PQIサポートと電話でやり取りしましたが、とてもスムーズに扱ってくださいましたので、万が一の故障の時もサポート期間内であれば安心です。

ユーザーを分けているパソコン

1台のパソコンを家族で使っていると、アカウントを複数作っているかもしれません。そんなパソコンにこの指紋認証はもってこいです!

例えば、登録したお父さんの指をかざせば、自動的にお父さんのアカウントに入れます。登録したお母さんの指紋をかざせば、お母さんのアカウントを選択しなくても自動的にサインインできます。

つまりユーザーを選択してパスワードを入力なんてことが不要になるわけです。

わたしは仕事用とプライベート用のアカウントを分けていますが、別の指で登録しますので、アカウント選択なく簡単にログインできます。

毎回のパスワード入力から解放されるのがこんなに快適だとは思ってもみませんでした。ぜひお試しください

ついでに気になっている指紋認証センサーも紹介しておきます。

ケンジントンといえば、ノートパソコンのセキュリティロック(ケンジントンロック)の考案企業で、信頼は厚い企業です。次はこの指紋認証センサーを試してみたいと思っています。

Windows Hello 対応 顔認証カメラ

投稿時点ではWindows Helloに対応した顔認証カメラは『mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応 CM01』くらいしか見当たりません。

追記:新しいモデルが登場しています。

この商品は試したことがないので、口コミ情報だけになりますが、かなり評価は高いですね!

パソコンの前に座るだけで、認証してくれるのでそれは楽なはずです!こちらの商品もいずれ自宅用デスクトップPCで検証したいと思っています。

さいごに

今の時代セキュリティをかけるのは当たり前になってきていますが、それでもできるだけ手間はかけたくないものです。

Windows10をパソコンの機能Windows Hello で、『指紋認証』や『顔認証カメラ 』を使ってみると劇的に楽になります。ぜひ試してみてください。

では また!

→ 契約者が「enひかり」のすべてを解説|メリット、デメリットや開通までのまとめ