Wi-Fi

Wi-Fiと無線の違い?こたえはWi-Fiの歴史にあります!

こんにちは、KEIです。

ときどき

  Wifiと無線って何が違うんですか?

と尋ねられることがあります。

Wi-Fiと無線、よく使う言葉ですが何が違うのかいまいちわかりにくいですよね。

今回はこの違いについて取り上げます。

結論から言うと、無線=Wi-Fiと言っても今は通じます。厳密にいうと違いますが・・・。

どう違うのか?まずは言葉の意味からです。

無線とは?

インターネットの用語で「無線」と言うと、多くは無線LANのことを指します。

無線LANとは、電波を使ってデータのやり取りを行うことです。

通常、有線LANケーブルをつないでインターネット通信を行いますが、それを、電波でやろうというわけです。

つまり電波を受信できるところなら、家じゅうどこでも、ケーブルを気にすることなくインターネットを楽しむことができるというものになります。

Wi-Fiとは?

いっぽうで、Wi-Fiとは、無線LANの通信規格のことを指します。

呼び方は、わいふぁい”と読みます。読みにくいですよね!”うぃっふぃー”ではありません(^▽^)

Wi-Fiは、Wi-Fi Alliance(わいふぁい あらいらんす)という非営利団体が認定した規格のことで、認定を受けた場合「Wi-Fi CERTIFIED」マークが無線機につきます。

つまり

この認定マークがついている機器どうしなら問題なく接続できますよ~

という接続保証を与えているのです。

無線とWi-Fiのちがい

結局どう違うのか?厳密に言うと

無線は電波のことで、Wi-Fiはその電波の規格ということになります。

ただ現状、ほとんどの無線機がWi-Fi規格に対応しているので、無線=Wi-Fiという意味で使われるようになっています。

Wi-Fiの歴史

もともと、無線LANの出始めは、同じメーカー製品同士じゃないとつながらないとか、規格が違うため無線に接続できないなんてことが普通にありました。

でも、それでは不便ですよね。

それを解決するために作られたのがWi-Fi規格です。

この規格マークがついている無線機なら、どのメーカーでもつながると接続保証してくれるので、ユーザーは安心して機器を購入できます。

いま快適に無線につなげているのは、Wi-Fiのおかげでということなんですね。

AWAやHomeRFなどと世界の標準規格を争った結果、Wi-Fiが世界標準になりました

まとめ

無線とwifiの違いについてでしたが、いかがだったでしょうか?

Wi-Fiの歴史をみると、無線とWi-Fiが同じ意味で用いられるようになったいきさつも、見ることができます。

それではまた!

2019年版 プロがおすすめする無線LANルーター(Wi-Fi)無線LANルーター(Wi-Fi)って、たくさん商品があって選ぶのに苦労しますよね。 クチコミや店員さんのアドバイスで選ぶ方が多いですが...
【最大2.5%】アマゾンでもっと安く購入する方法

アマゾンでの購入なら、Amazonギフトカードを利用するのがおすすめです。

アマゾンギフトカードに現金チャージして商品を購入すると、最大2.5%のポイントが還元されます。(※コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージのみ)

たとえば、Amazonで年間50万くらい利用する方なら、最大2.5%の場合12,500円のポイントが入ってきます。仮にクレジットカードで支払うと、0.5%~1.25%(2,500円~6,250円)くらいのキャッシュバックなので実質5倍~2倍お得になります。

このように普段Amazonで購入される方ならギフトカード経由が絶対にお得なんです。もちろん、ギフトカードとなっていますが自分の買い物に利用できます。

ポイント受け取りまでの流れは、

  1. チャージタイプを注文する(「コンビニ・ATM・ネットバンキング払い」を選択)
  2. コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う
  3. ポイントを受け取る

 

ですが、詳細はAmazon公式ページでご確認ください。

Amazonギフト券チャージタイプ