9/30(日)20:00まで 最新のiPhoneもキャッシュバック対象
Wi-Fi

Wi-Fiってどのくらいの距離飛ぶの?快適に無線を利用するコツとは?

素朴な疑問として、家の無線(Wi-Fi)ってどのくらいの距離飛ぶのか気になりませんか?

Wi-Fiルーターを変えたら、いままで届かなかったところでも使えるようになった…なんて話も聞いたりします。

こんかいは、そこら辺を扱ってみたいと思います。

電波法

日本国内で利用できるWi-Fiルーターは、技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いているものに限り、免許がいらずに使用することができます。

つまり、日本国内で利用できるWi-Fiルーターは、法律にのっとって利用ができるんです。

出典:総務省

Wi-Fiの電波出力

この電波法では、電波出力の上限というものが決められています。現時点では10mWというのが上限のようです。

なので、いろんなメーカーで広告されている「遠くまで届きます」という商品もこの電波出力を超えることができないわけです。

Wi-Fiはどのくらいの距離飛ぶの?

では実際のところWi-Fiってどのくらいの距離飛ぶの?ってなりますよね!

auのサポートページでは次のように説明されています。

■電波が届く範囲
無線の電波が届く範囲は、アクセスポイント(親機)と子機間で、一般的に屋外では500m程度、屋内では100m程度と言われます。当然距離が遠くなれば通信速度も遅くなります。
また障害物が親機と子機の間に存在すれば、その分通信距離や速度に影響が出てきます。

■障害物による影響の受けやすさ
障害物の素材により、通信速度に影響が発生します。

<影響(小)の障害物>
・木材、化学素材(パーテーションなど)、窓ガラス など
<影響(中)の障害物>
・人、水(水槽の水など)、ブロック など

屋内で100M程度とありますが、実際には障害物がある中で利用するので、そんなには飛びません!

家の環境で全然違うので、何メートルとは言えませんが、結局のところ障害物をどう回避するかが、Wi-Fiを快適に利用する上での重要なポイントになってきます。

Wi-Fiを快適に利用するコツ

これまでに上げたように電波出力には上限があるので、障害物の回避(電波を邪魔させない)をまず考えましょう。

Wi-Fiルーターのアンテナ

いまのWi-Fiルーターはアンテナが外付けのものと内蔵のものがあります。

どちらも、出力に違いはないのですが、アンテナが外付けだと、アンテナの向きを変えることで狙ったところに、より電波を届けることができます。

わたしが所有しているBuffalo WXR-1750DHP2のマニュアルにもアンテナの向きについて説明されています。

Wi-Fiルーターを障害物の少ない場所に設置

Wi-Fiルーターを設置する場所は、できるだけ障害物の少ない場所に設置します。

テレビ棚の中など、Wi-Fiルーターを隠したい方もおられるかもしれませんが、快適に利用するためには見える場所の方が良いです。

その他に、電子レンジの近くや、水槽、金属製の棚の近くなども障害となるので避けましょう。

Wi-Fiルーターを床に置かない

Wi-Fiルーターを床に置いておられる方も多いですが、遠くまで飛ばしたい方にはお勧めできません。

Wi-Fiルーターの電波は全方向に飛ぶ特性があるので、メーカーさんのホームページでも、高さ1から2Mくらいに設置することが効果的と説明されています。

ホントはもっとつながるWi-Fi(Buffalo社)

さいごに

今回は、Wi-Fiってどのくらい飛ぶの?快適に使うためのコツのご紹介でした。

ちょっとした工夫で、Wi-Fi(無線電波)は遠くまで飛ぶようになります。ぜひ試してみてください。

それではまた!

2018年版 プロがおすすめする無線LANルーター(Wi-Fi)こんにちはKEIです。 自宅や会社で使う無線LANルーター(Wi-Fi)ってたくさんあって選ぶのに苦労しますよね。 クチコミ...