V6プラス

ドコモ光ルーター01 「V6プラス」につながらない時に確認する項目

V6プラスのオプションを利用されている方が、周りでも増えてきました。

そこで、今回はドコモで購入できる「ドコモ光ルーター01」の設定のお話です。はじめに述べると「ドコモ光ルーター01」を設定したところ、V6プラスでつながりませんでした。

NTTのルーター(V6プラス対応)の機器を利用の方であれば、とくに設定の必要なく「V6プラス」を利用できますが、ひかり電話を利用されない方は、自分でV6プラス対応ルーターを準備し設定しなければいけません。

「V6プラス」で接続できているか確認する方法!接続できない時の対処方法「V6プラス」で接続すると速くなるのは前回の記事でお伝えしました。 >>「enひかり」で速度測定!「V6プラス」に加入...

V6プラスにつながらない原因

原因はズバリ、ファームウェアが古かった!です。

ドコモ光ルーター01はファームウェアバージョン番号:1.3.0から、V6プラスに対応になります。

それで、過去ファームウェアバージョン番号:1.0.8、1.0.9、1.1.0、1.2.1の場合、ファームアップ(更新)を行わなければV6プラスではつながりません。

ここでは、簡単な流れを案内します。

  1. 機器の背面にあるスイッチがRTであることを確認
  2. ドコモ光ルーター01とパソコン(スマホなどでもOK)をつなぐ
  3. アドレス欄に 192.168.10.1  と入力しEnterキーを押す
  4. ユーザー名:admin パスワード:側面シールに記載されている6桁のWeb PWを入力
  5. ファームウェア更新をクリックし更新する

    出典:ドコモ光ルーター01取扱説明書

ファームウェアアップデートはインターネットにつながっている必要があります。

ファームアップ中は本製品の電源は絶対に切らないでください。故障の原因になります。

ファームアップデートでファームが1.3.0以上になると、自動判定機能を使えば回線を自動判定してくれて、IPv4 over IPv6通信モード(「V6プラス」モード)でつながると思います。特に設定は必要ありません。

自動判定機能とは?

機器の背面にあるスイッチがRTになっている状態で、電源を入れなおすと、自動判定機能が働いて、利用可能な通信サービスでインターネット接続を行います。

電源を入れなおす際は、ACアダプタをコンセントから取り外して10秒ほど待ってから差し込みます。その後3分ぐらい待ちます。ACTIVEランプが黄緑点灯になったら接続完了です。

最後にV6プラスで接続できているか確認してください。

「V6プラス」で接続できているか確認する方法!接続できない時の対処方法「V6プラス」で接続すると速くなるのは前回の記事でお伝えしました。 >>「enひかり」で速度測定!「V6プラス」に加入...

さいごに

ファームウェアが最新のものであれば、自動判定機能で勝手につながるはずですが、古いファームだとアップデートが必要になります。

つながらない方は、そこを確認してみてください!

それでは、また!

「enひかり」を徹底解説!契約して感じたメリットとデメリット 皆さんは、家のインターネットってどのくらい支払われていますか? という方が多いのではないでしょうか?長期間...
ネット回線はどこがお得?