Window10

【Windows10】夜間モード(ブルーライトカット)の設定とトラブル対処方法

こんにちはKEIです。

寝る前に浴びると眠りを妨げると言われるブルーライトですが、Windows10(バージョン1703)にはブルーライトを軽減する機能(夜間モード)が標準で装備されたことをご存知でしょうか?

今回はその設定方法をご案内します。

バージョンの確認方法についは下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【Windows10】バージョンやOSビルドを確認する方法こんにちはKEIです。 パソコンを使っていると と聞かれることがあるかもしれません。 自分のパソコンの種類、つ...

設定方法

  1. スタートボタン』をクリックします
  2. 設定ボタン』をクリックします
  3. システム』をクリックします
  4. ディスプレイ』をクリックし、『夜間モード設定』をクリックします
    夜間モードがオンになっていることも確認してください
  5. 色温度のゲージを動かすことで色合いを調整できます

これで、Windows10の機能で、ブルーライトを軽減することができます。

スケジュール

手動でもできますが、時間になると自動的に夜間モード(ブルーライトを軽減)にすることができます。

下の写真にあるように、『夜間モードのスケジュール』をオンにします。

  • 日没から朝まで(18:25-5:00)
    ※時期や場所によって時間は違ってきます
  • 時間の指定
    ※15分単位で好きな時間を指定することができます

どちらかを選択します

これで設定した時間が来ると自動的に夜間モードが実行されます。

アクションセンターで夜間モードをオンオフにする

手動で夜間モードをオンオフしたいとき、毎回設定画面を出すのは大変です。それで、もっと手軽に切り替える方法も案内しておきますね。

その方法は

  1. 画面右下の『アクションセンターボタン』をクリックします
  2. 夜間モード』をクリックすると、オンオフ切り替えができます

夜間モードが利用できない時

夜間モードのオンオフがグレーアウトになって有効にならない、夜間モードの利用ができない方もおられるようです。

オンまたはオフにならない場合に試してみる点も挙げておきます。

ディスプレイドライバーを更新する

  1. タスクバーにある検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力し、「Enter」を押します。
  2. デバイスマネージャーが起動します。
    ①「ディスプレイアダプタ」をクリックし
    対象となるディスプレイアダプタを選択
    ③その上で右クリックし、「ドライバの更新」をクリックし指示に従います。

まだサポートされていないディスプレイドライバーもあるようです。その場合はドライバーの更新が出るのを待つしかありません。

まとめ

Windows10で

  • ブルーライトを軽減させる方法
  • 切り替え方
  • 有効にならない時の解決方法

についてご紹介しました。

色合いについては好みが別れるところなので、見やすい色合いを探してみてください。

オンにできたけど有効にならない場合は、設定が有効になるまで時間が少しかかるようです。2分くらい待ってください。

今回はWindows10でのブルーライトカットの紹介でしたが、眼鏡でブルーライトをカットする方法もあります。

私が使用しているのはJINSのブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」です。
かけている間は常にブルーライトをカットしてくれます。
楽天 でJINS SCREEN ( PCメガネ )を見る