(レビュー)TP-Link RE605XのメッシュWi-Fi設定方法 RE505Xとの違いは?【PR】

RE605Xサムネイル

一部の部屋だけインターネットが遅い…、Wi-Fiが途切れる…といった悩みをお持ちですか?そんな時の1つの解決策が「中継機」になると思います。

その中継器を今選ぶとしたら、Wi-Fi6規格(11ax)対応機になると思いますが、今回TP-LinkさんにWi-Fi6対応中継機を新たにご提供いただけたので、その機器をご紹介したいと思います。

以前、【Wi-Fi6対応 中継器】TP-Link RE505Xはブリッジモードがすごいでご紹介したものから、更にパワーアップしたTP-Link RE605Xになります。

RE605X本体と箱

TP-Link RE605Xの特徴

RE605XはWi-Fi6対応のため、高速通信で同時接続にも強い中継器です。これによってWi-Fiの死角がより解消されるようになります。※Wi-Fi6対応ルーターご利用の場合

LANポートも付いているので、RE605Xを介してデスクトップパソコンなど無線機能のない機器でも有線LAN接続ができます。

またこのLANポートを親機ルーターと接続して、Wi-Fi6電波を出すアクセスポイント(ブリッジモード)としても使用ができます。

そして、TP-Link RE605XはメッシュWi-Fi(OneMesh)にも対応しています。

MEMO
メッシュWi-Fi(OneMesh)についてはTP-Link公式ページにわかりやすく説明されています。

→ OneMesh™について

中継器だと場所によって電波を切り替えるため途切れることがありますが、メッシュWi-Fiになると接続する電波を選びなおす必要はありません。家中どこでも電波入る場所なら途切れることなく利用できます。※メッシュWi-Fiを利用するにはOneMesh対応の無線ルーターが必要です

RE605XとRE505Xの違い

RE605XとRE505Xは、サイズやデザインは全く同じで見分けがつかないですが、何が変わったのでしょうか?

機能向上
  1. 2GHzのWi-Fi6対応
  2. 上記に伴い2GHz帯の最高速度がアップ

2GHzのWi-Fi6対応

Wi-Fi6は、高速超低遅延同時接続に強いと良いことつくしの規格ですが、その規格に2GHz帯も対応しました。

MEMO
一般的に2GHz帯は障害物に強いので、電波が遠くまで届きますが、5GHz帯は障害物に弱いため遠くまで届きませんが、速度が速いです

RE505XではWi-Fi6の恩恵を受けるには、5GHz帯の電波が届く範囲に中継器を置く必要がありました。

しかし最新のRE605Xは、より遠くまで飛ぶ2GHz帯にもWi-Fi6が対応したことで、中継器を設置できる範囲が増えるようになります。※もちろん、5Ghz帯でつないだほうが速度は出るので、5GHz帯で接続できるならそちらのほうが良いと思います。

システム要件

RE605Xは、メーカーサポートの切れたWindows 98SE/NT/2000/XP/Vista に加えて、NetWare, UNIX, Linuxも公式サポートから外れています。これらのOSを利用されている方はご注意ください。

詳しい仕様の比較(赤字が変更点)

RE605X RE505X
ポート ギガビットポート × 1 ギガビットポート × 1
ボタン WPSボタン, Resetボタン WPSボタン、リセットボタン
消費電力 10W 10W
寸法(幅 X 奥行き X 高さ) 74.0×46×124.8 mm 74.0×46×124.8 mm
アンテナ 外部アンテナ×2 外部アンテナ × 2
ワイヤレス規格 IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz,
IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz,
IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz
周波数範囲 2.4GHz 及び 5GHz 2.4GHz および 5GHz
信号レート 574 Mbps (2.4GHz), 1201 Mbps (5GHz) 300 Mbps (2.4GHz)、 1200 Mbps (5GHz)
ワイヤレス機能 Wi-Fiのオン/オフ、 ワイヤレス統計 Enable/Disable Wireless Radio, Wireless Statistics
OneMesh(メッシュWi-Fi) 対応 対応
ワイヤレスセキュリティ 64/128-bit WEP, WPA/WPA-PSK2 暗号化 64/128-bit WEP, WPA/WPA-PSK2 暗号化
システム要件 Windows 7, 8, 8.1, 10, MAC OS Microsoft Windows 98SE/NT/2000/XP/Vista™/7/8/8.1/10
MAC OS, NetWare, UNIX, Linux

よくある質問

RE605Xの接続台数はどのくらいですか?

接続台数については親機ルーターに依存します。例えばTP-Link AX20と接続したときは36台が目安になります。(TP-Linkサポートに確認済み)

他社Wi-FiルーターとメッシュWi-Fi接続できますか?

いいえ。RE605Xは、OneMesh対応ルーターとの組み合わせでのメッシュWi-Fi接続ができます。

注意
同じTP-Link社でも、DecoメッシュWi-FiシリーズとはメッシュWi-Fi接続できません

他社Wi-Fiルーターの中継器として利用できますか?

はい。 他社製ルーターやOneMesh非対応のルーターやアクセスポイントとも接続可能です。 ※OneMesh接続はできません

RE605XはWPA3対応ですか?

いいえ。64/128-bit WEP, WPA/WPA-PSK2に対応しています。

RE605Xを使えば、絶対今まで届かなかった場所で使えますか?

電波は、建築材料や物理的な障害物など障害物に左右されるため絶対とは言えません。これは他社の中継器でも同じです。でもRE605XはWi-Fi6対応のため、ルーターがWi-Fi6対応機であればより隅々まで届くようになります。

RE605Xのファームウェア(firmware)はどこで確認できますか?

公式サイト RE605Xファームウェアより確認できます。

RE605Xのマニュアル(説明書)をなくしました

執筆時点(2021年1月)でRE605Xのマニュアルは公式サイトにアップされていませんでした。ただし、RE505Xと同じマニュアルなのでそちらから確認できます。

RE505Xの公式サイトよりダウンロード

RE605Xの設定方法

RE605Xを接続する場合、設定方法は3つあります。

MEMO
初期設定は、Wi-Fiルーターの近くにRE605Xを設置して行うことをおすすめします。初期設定完了後、2階など設置場所に移動させてください

方法1 Tetherアプリで設定

Tetherアプリで設定する場合、はじめにTP-LinkIDを取得する必要がありますが、その後RE605Xの管理するにとても便利です。

方法2 ウェブブラウザで設定

ウェブブラウザで設定は、SafariやGoogle Chrome、EDGEといったブラウザを使用して設定します。

Step1
RE605Xの電源を入れる
 
Step2
PCやスマホをRE605Xの電波につなげる
 
Step3
ブラウザ操作で192.168.0.254にアクセス
 
Step4
案内に従って設定する
 

この後詳細を紹介しています。

方法3 WPSボタンで自動設定

とりあえず簡単に接続であればこの方法が一番簡単です。Wi-FiルーターにWPSボタンがあればそれを使って設定します。

Step1
ルーターのWPSボタンを押す
 
Step2
RE605X側のボタンを押す
2分以内にRE605XのWPSボタンを1秒ほど長押しします。LEDが点滅から点灯に変われば設定完了です

WPSボタン

Step3
Step2をもう一回
2.4GHzか5GHz片方のLEDしか点灯しない場合は、もう一度Step2を行います

以上です。

RE605Xのウェブブラウザでの設定方法の詳細

今回はウェブブラウザでの設定をご紹介します。

 

RE605Xの電源を入れる
コンセントにRE605Xを挿します

 

PCやスマホをRE605Xの電波につなげる

PCやスマホの設定から「TP-Link_Extender」というSSID(Wi-Fiの電波名)に接続します

 

ブラウザ操作で「192.168.0.254」にアクセス
ブラウザ(SafariやGoogleChromeなど)の上部にあるアドレスバーに「192.168.0.254」と入力しアクセス後、初期パスワードを作ります。

初期設定画面
初期設定画面2

 

注意
初回設定時は「192.168.0.254」ですが、設定が完了すると自動的に別の番号(IPアドレス)になります。そのIPアドレスを確認したい時は、例えばTP-Link AX20なら、管理画面の左側「OneMesh」クリックし、「RE605X」をクリックするとIPアドレスを確認できます。

 

案内に従って設定する

① 拾える電波を探すスキャンが始まります


② Meshマークがついている2GHz電波(SSID)をクリック(メッシュWi-Fi接続の場合)

 

③ 2Ghz電波(SSID)のパスワードを入力

Meshマークがついている5Ghz電波(SSID)のパスワードを入力(メッシュWi-Fi接続の場合)

 

⑤ 最終確認画面
⑥ 設定完了です

 

これでメッシュWi-Fiの設定は完了です。簡単ですよね!

メッシュWi-Fiの設定と言っても、Meshマークがついている電波を選ぶだけなのでわかりやすかったです。

設定が終わったら、あとはWi-Fiの電波が届くところにRE605Xを設置するだけです。

RE605Xの速度測定をしてみました

実際のスピードを比較してみました。(検証機はSurface Laptop3 Wi-Fi6対応子機使用)

Wi-Fi親機近くでは450Mbps~540Mbps出ていましたが、電波がギリギリ届く場所へ移動して計測してみました。

ギリギリ届く場所で計測 速度(3回計測し真ん中の数値を表示)
RE605Xなし 29Mbps(23Mbps,34Mbps,29Mbps)
RE605Xを利用時(5GHz電波に接続) 100Mbps(81Mbps100Mbps,120Mbps)
RE605Xを利用時(2GHz電波に接続) 45Mbps(45Mbps.45Mbps,56Mbps)
MEMO
参考までにRE605Xの近くで5Gbps電波の速度測定したところ160Mbps(120Mbps,160Mbps,180Mbps)でした。

RE605X中継することで、ギリギリ電波が届いていた場所でも速度が安定して伸びています。

また、今回はメッシュWi-Fiでつないでいるので、電波を切り替えることなく利用できました。これがやっぱり便利ですよね!

 

さいごに

前の機種も良かったですが、これから買うならさらにパワーアップしたのでTP-Link RE605Xがおすすめです。

ZOOMなど、オンラインミーティングをされている方で、電波の入りが悪く悩んでいる方には特におすすめします。

それでは また!