パソコンを無料で処分する方法教えます!処分方法のまとめ

新しいパソコンを購入すると、いままで利用していたパソコンの処分に困りますよね。

下取りとして出せれば良いのですが…それができないとなるとどうするか。今回はその方法を取り上げます。

パソコンメーカーにて処分

以前は自治体で処分できましたが、法律ができて、パソコンメーカーが回収・リサイクルを実施することになりました。

つまり、家庭用のパソコンを処分するとなったら、基本的には使用パソコンメーカーに依頼することになります。

ただし、無料回収と有料回収の場合があります。

PCリサイクルマーク

2003年10月以降に販売された家庭向けのパソコンには『PCリサイクルマーク』がついているかもしれません。

このマークがついているパソコンだと、無料で処分することができます。

マークがあれば、お使いのパソコンメーカーに問い合わせてください。

パソコンの引き取り、集荷はゆうパックを利用しているので全国どこからでも対応しています。

各パソコンメーカーリサイクル窓口

 

PCリサイクルマークがない場合は有料になります。

ただこのマークがわかりづらいところについているものもあるので、対象なのかどうかも含めてやはり一度メーカーに確認してみてください。

パソコン3R推進協会

いまあげたメーカー回収は、あくまでも自社製品のみになります。

では自作パソコンや回収するメーカーがない場合はどう処分するの?と困りますよね。

じつは有料になりますが一般社団法人 パソコン3R推進協会』で回収してくれます。

この『パソコン3R推進協会』は先ほど出てきた『PCリサイクルマーク』の商標権をもっている社団法人になります。チェックしてみてください。

→ 一般社団法人 パソコン3R推進協会

自治体にて処分

自治体によってはノートパソコンは『小型家電リサイクル法』により回収している可能性があります。自治体の担当部署に確認してみてください。

宅配回収にて処分

別の方法としては、宅配回収があります。

わたしも、リサイクルマークがないパソコンの処分を『リネットジャパン』さんにお願いしました。

横浜市、さいたま市など多くの自治体とも提携して宅配回収サービスを行っていて、『NET OFF』グループ会社としても知られています。

注意
データーが入っているパソコンですので信頼のおける処分業者を選んでください!

 

わたしの場合、下記のように処理されました

12月3日 宅配にて回収

12月9日 回収品が処理会社に届いたとのメール

12月21日 処理完了

申込みも簡単ですし、対応状況も、メールや『お申込み履歴詳細』で確認できます。

わたしは料金が無料でしたが、常に無料というわけではないようです。

期間限定で無料回収キャンペーンを行っているのでその期間を狙うのもいいかもしれないですね。

→ リネットジャパン

どんなときもwifi

データの処分

パソコンの処分について取り上げましたが、忘れてはならないのはパソコンの中にあるデータがどのように処理されるかです。

ハードディスクを自分で取り外せるのであれば、はずしてから自分で破壊するのが安心かもしれませんが、みんなができるわけではありません。

パソコンメーカーや宅配回収でもデータの消去を行ってくれます。申込みを行う際に必ずその点も確認なさってください。

ちなみにリネットジャパンさんだと『無料消去ソフトダウンロードサービス』でソフトを自分でダウンロードしてデータの消去をすることもできます。(面倒な方は3,000円で完全消去を行ってくれます)

いままでお世話になったパソコンはきちんとリサイクルして、また別のものになって役立ってほしいですね。

→ 【EaseUS Data Recovery Wizard レビュー】データが消えた時の復旧方法!

まとめ

無料で回収してもらうには、

  1. リサイクルマークがついている
  2. 下取りに出す
  3. 無料回収してくる専門業者に出す

ことになります。

これまで使用済みのパソコンは自治体で処分できましたが、法律ができて、パソコンメーカーが回収・リサイクルを実施することになりました。

それで基本的にはパソコンメーカーに問い合わせますが、別の方法もあるので皆さんに合った方法を選択してください。

以上パソコンの処分の方法でした。

それではまた!

→ 粗大ごみに出す前に!無料or買取で処分する方法があるの知ってますか?