Windows10の無料付箋(ふせん)機能 物忘れ防止に!

Windows10には付箋(ふせん)機能があります。ソフトの名前はSticky Notes(スティッキーノーツ)です。

パソコンの画面上に付箋をはれるので、買わないといけないものから、今取り組んでいる目標など、いつも意識することができるようになります。

それでここから、Windows10の付箋機能 Sticky Notes(スティッキーノーツ)の使い方をご紹介したいと思います。

Sticky Notes 起動方法

  1. スタートをクリックして、Sticky Notesをクリックします
  2. Sticky Notesが開きます

付箋の文字の装飾

使い方はとてもシンプルです。

ただ入力するだけでも十分です。

でも、Sticky Notesは文字の装飾を使うことでもっとわかりやすくメモを残すことができます。

こんなことができます。

文字の装飾キーボード操作
文字を太字Ctlr + B
斜め文字Ctlr + I
下線Ctlr + U
取り消し線Ctlr + T
絵文字🐕🐱🐁🐂🐇🐔🐗

太字にしたい部分を選択します。例えば太字は【Ctlr + B】とありますが、

  1. キーボードの「Ctrl」と「B」を同時に押す
  2. 選択した部分が太字になります

こんな具合にキーボード操作で文字の装飾ができます。

付箋の色変更

あとは付箋の色の変更も可能です。

  1. メニューボタンをクリックします
  2. お好きな色を選択します

以上で付箋の色を変更できます。

Sticky Notes 付箋の新規追加

メモの左上の「+」ボタンメモの追加をクリックすると新しい付箋が表示されます

付箋の削除

メモの右上のゴミ箱マークをクリックしてください。

削除しても良いか求められるので「削除」をクリックすると削除されます

付箋のバックアップ方法

簡単なメモならバックアップはいらないかもしれませんが、なかにはバックアップをしておきたいと思われる方もあると思います。

ただし、Sticky Notes(付箋)のバックアップは、隠しフォルダにデータが保存されているため、すこし手間がかかります。

くわしくはNECサポートで説明されています。そちらをご確認ください。

さいごに

今回はWindows10の付箋機能、Sticky Notesのご紹介でした。

忘れっぽい方や、目標を常に意識したい方にかなり便利な機能です。

皆さんも良かったら利用してみてください。

 

それでは!

→ データが消えた時の復旧方法!EaseUS Data Recovery Wizard