モバイルの疑問

はじめてのスマホ:iPhoneとアンドロイドどっちがいいの?

こんにちは、KEI(@SETTINGJP)です。

私がお伺いするお客様の中には、定年を迎えてこれからパソコンやスマホを使っていこうと思っているという方もおられます。

そこで、尋ねられる質問のひとつ「スマホはどれにしたらいいの?」という質問に今回はお答えしたいと思います。

基礎知識

まずスマホは大きく分けて、iPhone(アイフォン)とAndroid(アンドロイド)の2つに分かれます。

  • iPhone」はOS(オペレーションシステム)という中身も機器本体もすべてアップル社が提供しています。
  • アンドロイド」はOSを提供しているのはGoogle(グーグル)ですが、スマホ機器本体はいろんな会社(ソニーやサムスンなど)が提供しています。

購入前に考えておきたいこと

スマホで何をしたいのか?

iPhoneやアンドロイドでしかできないこともあります。

  • iPhone:facetime、airdrop
  • アンドロイド:SDカードの利用(機種による)など…

自分が使いたいことをはっきりとメモにして、購入時利用できるか確認しておきましょう。

わからなくなったときに聞ける人は何を使っているか?

間違いなく最初は苦労します。わたしもガラケーから切り替えたときは、電話に出ることすらぎこちなかったです。

それで、使い方を尋ねられる人が、iPhoneとアンドロイドどちらを利用しているかも重要です。

  • iPhoneは毎年新しいのが発表されていますが、使い方はほとんど変わらないので古いiPhoneの方にも尋ねることができます。
  • アンドロイドは、メーカーごとに使い方が違います。ベースは同じなのでなんとなくは教えてもらえると思いますが…そこは注意が必要です。

iPhoneとアンドロイドの特徴

価格

iPhoneの方が高価です。ただしアンドロイドもハイエンドモデルと言われる、高性能モデルは同じくらいの金額がします。

そして、何年か後に下取りとして出す場合は、iPhoneの方が高値で引取られることが多いようです。

性能

少し前まではアプリの出来具合、美しさ、安定度などiPhoneが上かな~と個人的には思っていました。

しかし、今はほとんど変わらないと言われています。

逆にカメラの性能はアンドロイドのハイエンドモデルのほうが良いようです。

また以前は「おサイフケータイ」がiPhoneで利用できなかったですが、iPhone7から、suica(スイカ)に、iPhone8からはQUICPay(クイックペイ)にも対応したのでそこらへんも変わらなくなってきましたね。

まとめ

世界的にみるとアンドロイドが圧倒的なシェアを持っていますが、日本ではiPhone方が、シェアが高いと言われています。

ただその差も縮まってきています。

スマホで何をしたいか、使い方の説明を聞ける方が何を使っているか、調べてから購入することをお勧めします。

どっちを使うか決めた後は、今まで使っていた携帯会社を使うのか、今話題の格安SIMを使うのかも悩みどころになってきます。

検討の方は↓の記事もどうぞ!

あわせて読みたい
本当に格安SIM(MVNO)にして大丈夫ですか?こんにちは、KEIです。 最近、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)ではなく、格安SIM(MVNOや格安スマホとも呼ばれる)...
あわせて読みたい
ソフトバンクへ乗り換えなら、『おとくケータイ』で乗り換えるのがおとくです!こんにちはKEIです。 ドコモの2年契約が終わることもあり、新しいスマホを何にするのか探していました。 でも総務省の影響なの...

今回ご案内したがお役に立てば幸いです。

ではまた!