格安SIM

本当に格安SIM(MVNO)にして大丈夫ですか?

こんにちは、KEIです。

最近、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)ではなく、格安SIM(MVNOや格安スマホとも呼ばれる)に切り替えている方が増えてきましたね。

金額面では圧倒的に格安SIM(かくやすしむ)ですが、いろんな問題も出ているようです。

今回は、デメリットの面を上げていきます。

そこを含めて格安SIMにするのか、大手キャリアにするのか、決めることをおすすめします。

ではさっそく

サポート面

大手キャリアだと、店舗が備わっていて、困ったときはそこに駆け込めば何とかなりますよね。

格安SIMでは、店舗でのサポートはあまり期待できません。もちろん店舗を構えているところもありますが、基本的には店舗数も少なく大手キャリアのようなサポートは期待できません。

ただし、電話やチャットでのサポート体制は、きちんとされているところもあるのでそこは安心してください。

現在、「店舗に行ってサポートを受けていない」という方は格安SIMでも問題ないと思いますが、問題が起きたときは、電話や、自分でインターネットの情報を見ながら対処すると思っておいた方が良いと思います。

契約面

大手キャリアなどでは、手続きは店員さんと一緒に行い、お店から帰るころには電話が使えるようになっていました。

店舗がない格安SIMの場合、自分で契約や利用のための手続きを行う必要があります。

インターネットに繋がっている環境があれば、そんなに難しいことではありませんが、不安な方は実店舗のある格安SIMを選ばれることをおすすめします。

メール

これまで大手キャリア、例えばドコモですと、〇〇@docomo.ne.jpといった携帯会社独自のメールアドレス(キャリアメール)がありました。

しかし、格安SIMではメールアドレスを提供していない(または有料)である場合がほとんどです。

そうなると、キャリアメールアドレスではなく、Gmail(ジーメール)やiCloud(アイクラウド)メール、ヤフーメールといったフリーメールアドレスをご自身で取得する必要がでてきます。

スマホユーザーだと、googleアカウントやApple IDを取得する時にすでに作成している可能性は大ですので確認してみてください

注意点として、メールの相手がパソコンメールを受信しないようフィルタリングをかけている場合、キャリアメールだったら送れていたのにフリーメールアドレスにしたら送れなくなったということもあるのです。(もちろん相手が対応してくだされば受信は可能になります)

故障修理の対応

大手キャリアでは、端末が故障や破損した場合、代替機(代わりの携帯を貸し出し)を用意してくれたりします。

しかし格安SIMでは、代替機を自分で用意するところもみられます。

そもそも端末を自分で端末メーカーから買ってから、格安SIMを利用される方も多いと思いますので、その場合、修理はその端末メーカーで行うということになります。

そうなると、代替機を持ってない場合は、修理中は携帯を利用できないということになってしまうのです。

まとめ

格安SIMには料金面で大きなメリットがあります。

しかし、反面でデメリットも出てくることを忘れてはなりません。

  • サポート面
  • 契約時の手間
  • メール
  • 故障修理

いままでと同じサポートを期待するのであれば、格安SIMはおすすめしません。

国民生活センターにも問い合わせが来ているようですが、デメリットを理解せず契約していることに原因があることがほとんどです。

携帯に何を求めているのか、考慮してから格安SIMを選ばれることをおすすめします。

なんども言いますが、料金面では本当に魅力的なサービスなので!

それではまた!

あわせて読みたい
ソフトバンクへ乗り換えなら、『おとくケータイ』で乗り換えるのがおとくです!こんにちはKEIです。 ドコモの2年契約が終わることもあり、新しいスマホを何にするのか探していました。 でも総務省の影響なの...
あわせて読みたい
【まとめ】LINEモバイルのメリットと料金体系のまとめこんにちは、KEIです。 ここ数年、格安SIMとかMVNOという言葉よく聞くようになりましたよね。 スマホを持ちたいけど、ガ...