enひかりの評価と評判!契約者がメリットとデメリットを解説!

家のインターネット代を毎月6000円前後払っていませんか?

そんなインターネット代を安くできるのが『enひかり』(えんひかり)です。

家のインターネットをenひかりにすると、マンションの方は3,300円、戸建ての方は4,300円で利用することができます。

管理人KEIは現在、NURO光を利用中ですが、エリアが限られるため全国でおすすめできる「enひかり」もとても気になっていました。

そこで、勉強もかねて自腹で契約してみました。つまり家には無駄にネット回線が2回線ある状態です(^▽^)/

実際に利用して、enひかりを徹底検証したいと思います!

これから4回にわたって、じっくり「enひかり」についてレビューしていきますので、ご期待ください!

第一回目は、enひかり全体サービスについてです。

正直なところ大手プロバイダー(インターネット提供事業者)ではないので、不安や疑問もあると思います。この記事では

  • enひかりに向かない人(デメリット)
  • enひかりに向いている人(メリット)
  • enひかりってどんなサービスなのか

をあつかいます。

初めにお伝えしますが、すべての人がenひかりによって、お得になるわけではありません!

enひかりに向かない人

enひかりをおすすめできない人として、3つ挙げられます。

  • 家族で携帯電話とセット割をされている方

enひかりには携帯とのセット割がありません。それで、家族でセット割をしておられる方はenひかりのメリットは受けられません。そのままの利用されたほうがおとくです。

  • インターネット設定を自分でできない方

enひかりでは訪問サポートはありません。インターネットの設定はそれほどハードルが高いものではありませんが、絶対に訪問をお願いしたい方は自分で依頼する必要があります。

  • 契約時にキャッシュバックをもらいたい方

一定期間利用すると、キャッシュバックが発生するプロバイダもあります。

うまく使うとおとくに契約できますが、いろんなオプションに入らないといけないなど思ったよりお得でないものもあります。キャッシュバック時期がけっこう先の場合、もらい忘れる方もおられるようです!

enひかりにはキャッシュバックがありません。とにかく駆け引きなしに毎月シンプルに安いを提供しているためです。

どちらを選ぶかはその人次第と言えるでしょう!

enひかりをおすすめできる方

  • ひとり暮らしの方
  • 携帯のセット割を利用していない方
  • 携帯電話を格安SIMにしたい方

ひとり暮らしの方だと、携帯のセット割引が家族に比べると少ないですよね!

また、利用しないひかり電話に加入しないとセット割にならないなど条件もあったりして、あまりお得にならないケースもあります。

その点、enひかりはセット割など気にせず、シンプルにインターネットが安いのでオススメです。

  • 家の電話がいらない方
  • 家の電話が必要だけどひかり電話にしたくない、インターネットだけ契約したい方

家の電話を持たない家庭って増えてきましたよね!でもなかには電話機はないんだけど、ひかり電話には加入しておられる方も結構おられます。

また、家の電話はアナログのまま使いたい、インターネットだけ光にしたい!というかたも時々お会いします。

そんな方には、シンプルにインターネット料金が安いenひかりがおすすめです。

  • 引越しを考えている方
  • いつでも自由に解約したい

enひかり「標準プラン」は利用年数に縛りがありません。いつやめても違約金なんてないんです!

それで、近いうちに引っ越すかもしれないという方、そもそも縛りなんてものがイヤだ!という方におすすめします。

これらの条件に当てはまる方は、enひかりはとてもおすすめできるサービスです。

enひかりのデメリットとメリット

ここで、デメリットとメリットをまとめておきたいと思います。

デメリット

  1. 携帯のセット割がない
  2. 訪問サポートがない
  3. キャッシュバックがない
  4. 申込月、解約月の日割り計算がない
    ドコモ光など、申し込み月は日割り計算になるところがあります、
    しかし、enひかりは日割り計算がありません。いつ契約しても解約しても、その月分の料金がかかります。

メリット

  1. 料金が安くてシンプル
  2. 全国で利用できる
  3. V6プラスに対応している
  4. いつでも違約金を気にすることなく解約できる

では、さっそくenひかりについてお伝えしたいと思います。

光コラボレーションとは?

インターネットの光回線業者っていくつかあります。たとえば

  • フレッツ光 ⇒ NTT
  • auひかり     ⇒ KDDI
  • NURO光  ⇒ ソネット

このように、光インターネットには必ず回線業者が関係してきます。

ではenひかりはどの回線業者なんでしょうか?

まず、知っておいていただきたいのが、enひかりは「光コラボレーション」というサービスだということです。

くまさん
くまさん
えっと…光コラボレーションって…なんのこと??
らいおんくん
らいおんくん
聞きなれない言葉だったかな?

略して光コラボって言われるんだけど、NTTの回線を借りて、自社サービスとしてインターネットを提供することを「光コラボレーション」っていうんだ!

有名なところでいえば、ドコモ光も光コラボレーションだよ!

NTTコラボ(光コラボレーション)とは、NTT東日本及びNTT西日本が提供している「フレッツ光」を、速度・品質はそのままにNTT東日本及び西日本より卸し受け、各事業者が自社のインターネット接続サービスとしてお客様に提供する、新しい光インターネット回線及びインターネット接続サービスです。enひかり

それで、enひかりはNTT回線を利用するサービスになります。

らいおんくん
らいおんくん
でも、だれでも光コラボを提供できるわけではないんだ!

光コラボ事業者にはクリアしなければならない条件がNTTから出されています

以下の事項に当てはまる場合は、提供をお断りすることがあります。
•電気通信事業者の届出を行っていない場合
•反社会勢力に関与している、あるいは公序良俗に反する事業を営んでいる場合
•事業運営上支障が生じるなど当社の信用・利益を損なうおそれがある場合
•当社又は第三者の保障された権利(知財等)を害するおそれがある場合
•設備の大規模な改修を伴う等、技術的または経済的に著しく困難な場合  出典:NTT東日本、NTT西日本

このように、光コラボが提供できるということは、NTT側の審査にきちんと通っている信頼できる事業者ということになります。

enひかりコラボ事業者「株式会社 縁人」

光コラボ事業者はたくさんあって、NTT東日本、NTT西日本のホームページに一覧が掲載されています。

その中に、enひかりの提供会社「株式会社 縁人」も光コラボ事業者として含まれています。

NTT東日本

出典:NTT東日本

NTT西日本

出典:NTT西日本

NTTが回線を卸すようになった結果、いろいろなサービスや競争が生まれ、インターネットの料金も安くなってきました。本当にありがたいことですよね!

enひかりの提供エリア

enひかりは、NTTフレッツ光を利用できるエリアで利用できます。つまり全国で提供されることになります。

auひかりやNURO光は利用できない地域が多いですよね。

くまさん
くまさん
うちも auやNUROって来てないんだよね~
らいおんくん
らいおんくん
そうなんだね!

でもNTTフレッツのエリアは全国だから、enひかりはほとんどの地域で利用できるよ!

enひかりの利用料金

とにかくインターネットの料金体系って複雑ですよね!

それをenひかりはシンプルにお届けするという思いからサービス提供がはじまりました。

そしてenひかりは最安値を意識しているサービスなので、料金はとても安いです。

回線+プロバイダ料金込みで、ンションタイプで3,300円、戸建て(ファミリータイプ)で4,300円という金額です。集合住宅にフレッツ光の設備が導入されていない場合はファミリータイプになります。

料金については第二弾で詳しくまとめていますので、ご確認ください。

https://setting.jp/enhikari/charge/

enひかりの速度

速度については第三弾記事で詳しく比較していきます。現在速度のデータを取っている段階です。

「V6プラス」オプションなし

現時点の速度ですが、「V6プラス」オプション未加入で、1週間集計して平均的な数値をピックアップすると

  • googleのスピードテスト

昼360.8Mbps、夜69.2Mbps

昼27Mbps、夜7.2Mbps

昼18.5Mbps、夜4.8Mbps

になります。※有線接続で測定

あらためて思うのは、測定するサイトでかなり差が出てきますね。

夜は、すこし心細い速度でした。

「V6プラス」オプションあり

つづいて「V6プラス」オプションに加入してどうなるかです。

  • googleのスピードテスト

昼266.2Mbps、夜254.1Mbps

昼260Mbps、夜240Mbps

昼284.11Mbps、夜295.55Mbps

いまのところ、安定して200Mbps以上が計測されています。ここまで、違うとは思っていませんでした!とくに夜間の速度安定はうれしいですよね!

あわせて読みたい
「V6プラス」に加入したら63倍速くなった!これで遅いネットとおさらば!V6プラスにすると速くなる!よく聞く文言ですよね! でも、本当に速くなるのか知りたくないですか?周りでも速くなったと聞くのですが、...

V6プラス

速度面でこんなに差がでる「V6プラス」にenひかりは対応しています。

速さに安定を求めるかたは絶対に「V6プラス」オプションに加入されることをおすすめします!

これはenひかりに限らず、NTT回線を利用中の方でインターネットが遅いと感じている方は「V6プラス」オプションを検討してみてください。

「V6プラス」とは、混み合う部分を回避してインターネットにつなぐしくみで、速度アップの効果を期待できます。

申込方法

申込みから開通までの流れは以下のとおりです。

  1. 公式サイトより申込み
    申込みフォームに入力していきます
  2. 1から2日後にenひかりより契約確認の電話
    フリーダイヤルで電話がかかってきます。とれない場合は折り返しかけてみましょう
  3. 工事日確定の電話
    希望の工事日で予約をとります
  4. enひかりより書類が届く
    開通のご案内、契約内容のご案内、支払い申込書がとどきます。
    支払い申込書はクレジット払いの場合、インターネットから申し込みができます
  5. NTT工事
  6. 利用開始

わたしは、5/22日に申し込み6/6日に開通しました。なので2週間ちょっとで開通したことになります。

ただし、工事はNTTが行うので混み具合によっては待たされるかもしれません。余裕をもって申し込まれることをおすすめします。

まとめ

まずは、enひかりのサービス全体をまとめてみました。

わたしも、enひかりをまだ開設して2週目なので、速度面など完全に紹介できる段階ではないのですが、データは確実に積み上げています。このサイトでこれから上げていきますので、たまにのぞいてみてください。

それでは また!

https://setting.jp/enhikari/charge/