ドコモ光

【超まとめ】ドコモ光の料金、プロバイダ選びの決定版!

こんにちは、KEIです。

このページではドコモ光について紹介します。

ドコモ光と聞くと、やはりスマホの割引がイメージとして大きいのではないでしょうか?それで、まずは割引から紹介していきます。

スマホとの割引額っていくらなの?

ドコモ光ってどんなサービスなの?
ドコモユーザーがインターネットとセットで契約することで、割引を受けられるサービスなんだ!
今使っているドコモ料金プランによって割引額はちがってくるよ~

ドコモ光をうまく使えば、月々のスマホ料金が3,500円から500円お安くなります。

家族でご利用の場合

パケットパック(月額) セット割(月額)
ウルトラシェアパック100
25,000円
-3,500円
ウルトラシェアパック50
16,000円
-2,900円
ウルトラシェアパック30
13,500円
-2,500円
シェアパック15
12,500円
-1,800円
シェアパック10
9,500円
-1,200円
シェアパック5
6,500円
-800円

3年目からずっとドコモ割プラス』が適用され、さらに、毎月ポイントor現金割引が進呈されます。永くドコモを利用の方は、かなりお得になりますね!

ちなみに、このセット割は代表のシェアパック料金から割引されます。

ひとりで利用の場合

パケットパック(月額) セット割(月額)
ウルトラデータLLパック
8,000円
-1,600円
ウルトラデータLパック
6,000円
-1,400円
データMパック
5,000円
-800円
データSパック
3,500円
-500円
※最大1年間
ケータイパック
300円~4,200円
-500円
※最大1年間

2年目からデータMパック以上のプランで、ずっとドコモ割プラス』が適用され、さらに、毎月ポイントor現金割引が進呈されます。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光って月いくらで使えるの?

ドコモ光の月額料金は、基本的には2つです。
※ドコモ光ミニ(従量制)やタイプCケーブルTV)、単独タイプは省きます

光回線 タイプA(月額) タイプB(月額)
戸建て 5,200円
(更新なし 6,700円)
5,400円
(更新なし 6,900円)
マンション 4,000円
(更新なし 5,000円)
4,200円
(更新なし 5,200円)
対応
プロバイダー
ぷらら
So-net
GMOとくとくBB
DTI
BIGLOBE
ニフティ
タイガースネット
など
OCN
T-COM
アサヒネット
WAKWAK
TNC
ちゃんぷるネット

タイプAとタイプBの違い

プロバイダーのタイプAとタイプBって何が違うの?
料金だけだよ!
現在タイプBのプロバイダーを利用中で、メールアドレスを変えたくないという人以外は、タイプAでいいんじゃないかな?
そうなんだ!じゃ~たくさんあるプロバイダーによっては、何か違いってあるの?
うん!サービスに違いがあるよ!
例えば、メールアドレスが複数持てたり、ウイルス対策が無料でついたり、訪問サポートが無料でついているプロバイダもあるね!

初期費用

通常は新規ですが、フレッツ光を利用中の方は、「転用」という形で契約を行います。

転用の方は、速度変更するのかどうかで工事料が変わります。

契約事務手数料 工事料
転用 3,000円 0円
転用(速度変更) 3,000円 7,600円
新規 3,000円 戸建 18,000円
マンション 15,000円
新規無派遣工事 3,000円 2,000円

※工事料は設備状況によっては変動することがあります
※土日休日工事は、プラス3,000円かかります

工事の注意点 派遣工事と無派遣工事

NTTの指定した業者が、家に来て工事を行うことを「派遣工事」といいます。

派遣工事の注意点ってあるの?
うん!派遣工事には「ドコモ光」を申し込んた時に申告した利用者の立ち会いが必要なんだ!
時間はどのくらいかかるの?
だいたい工事時間は1時間くらいだけど、状況によってはもっとかかることもあるから、時間には余裕を持っておいたほうがいいと思うよ!

派遣工事が不要の場合もあります。その有無はドコモ側が行うので、こちらで決めることはできません。

速度面でぜったいに抑えておきたい点

料金面はわかったんだけど速度面は大丈夫なの?
そうだよね!お得でもやっぱり速さは大事だよね!
そうだよね!安かろう悪かろうじゃね~
速さについては、プロバイダー選びに注意してほしいんだ!
プロバイダー選びに注意?
うん!契約するプロバイダが、「V6プラス」ないし「V6オプション」に対応しているプロバイダかどうか!これは大事だから忘れないでね!

ここが、一番大事です!ドコモ光と契約するにあたって、快適に利用されたい方は

IPv6 IPoE +(IPv4 over IPv6)接続

に対応しているプロバイダを選んでください!

提供サービス名としては、

  • V6プラス
  • IPv6オプション

と言われるオプションサービスです。

管理人KEIとしては、快適にインターネットを利用する上で、絶対に外せないオプションです。

遅い原因は、混み合うことにあります。でもこのオプションを使えばその混雑状態を回避してインターネットにつなげることができるんです。

IPv6が速いのではなくて、IPv6 IPoE+(IPv4 over IPv6)接続が速いのです。

間違えないように覚えておきましょう!

あわせて読みたい
V6プラス対応 Wi-Fiルーター全機種まとめせっかく光にしたのに、夜の混み合う時間インターネットが遅いので、それを解決するV6プラスに移行する方が増えています。 でも、V6プ...

ドコモ光のキャンペーン

キャンペーンは、ドコモ側とプロバイダー側で行われていることがあります。

ちなみにプロバイダーによっては、キャッシュバックキャンペーンを行っているところもあります。しかし、ドコモの店舗で契約するとこのプロバイダーキャンペーンの一部を受け取ることができないのです。

それで、契約するならネットがおすすめになります。

管理人KEIがおすすめするドコモ光プロバイダー

今回ご紹介した内容を、すべて考慮して総合的におすすめする、ドコモ光の各分野ベスト1をご紹介します。

コスパで選ぶなら  GMOとくとくBB

●コストパフォーマンス断トツの1位。

●IPv6プラス対応。

おすすめ度
キャッシュバック 11,000~15,500円
無線ルーター 無料レンタル
出張サポート (限定特典)無線LAN設定 1,200円
【内訳通常8,600円 -7,400円】

詳細ページ公式ページ

サポートで選ぶなら So-net
●サポートを求める方はソネットがおすすめ
●訪問サポート初回無料
●ウイルス対策も24か月無料
おすすめ度
キャッシュバック 5,000ポイント
ウイルス対策ソフト 24か月無料
サポート 初回訪問サポート
※ドコモ光を新たに申し込みされた場合が対象

詳細ページ公式ページ

さいごに

今回は、ドコモ光についてまとめてみました。

ドコモの店舗での契約だと、プロバイダキャンペーン分を損をします!

じっくり調べて、納得のいく契約ができることを願っています。

ではまた!

あわせて読みたい
enひかりの評価と評判!契約者がメリットとデメリットを解説!家のインターネット代を毎月6000円前後払っていませんか? そんなインターネット代を安くできるのが『enひかり』(えんひかり)です...