ドコモ光のおすすめプロバイダ|タイプAとBの違いとは?

ドコモとセットで割引があるので、ドコモ光に加入される方は多いですよね。

でも、ドコモ光を調べると、たくさんのプロバイダがありどれを選んだらいいか迷うと思います。

この記事では、それらの迷いを解決するために準備しました。

→ ドコモ光が遅いと感じるあなた!それはプロバイダーが原因かも!

ドコモ光の月額料金

まず、ドコモ光の月額料金は、基本的には2つです。
※ドコモ光ミニ(従量制)やタイプC(ケーブルTV)、単独タイプは省きます

光回線タイプA(月額)タイプB(月額)
戸建て5,200円
(2年更新なし 6,700円)
5,400円
(2年更新なし 6,900円)
マンション4,000円
(2年更新なし 5,000円)
4,200円
(2年更新なし 5,200円)
対応
プロバイダー
ぷらら
So-net
GMOとくとくBB
DTI
BIGLOBE
ニフティ
タイガースネット
など
OCN
T-COM
アサヒネット
WAKWAK
TNC
ちゃんぷるネット

タイプAとタイプBの違いは料金

ドコモ光には、タイプAとタイプBというプロバイダーグループがありますが、違いは 料金だけです。それで新規で申し込むならタイプAから選ぶことがベストだと思います。

ただし、いまタイプBのプロバイダーを利用中で、メールアドレスを変えたくないという方はそのまま利用(コース変更)になると思います。

プロバイダーはサービスに違いがある

ドコモ光にはたくさんのプロバイダーがありますが、サービスに違いがあります。例えば、メールアドレスが複数持てたりウイルス対策が無料でついたり、訪問サポートが無料でついているプロバイダもあります。

初期費用

通常は新規ですが、フレッツ光を利用中の方は、「転用」という形で契約を行います。

転用の方は、速度変更するのかどうかで工事料が変わります。

契約事務手数料工事料
転用3,000円0円
転用(速度変更)3,000円7,600円
新規3,000円戸建 18,000円
マンション 15,000円
新規無派遣工事3,000円2,000円

※工事料は設備状況によっては変動することがあります
※土日休日工事は、プラス3,000円かかります

工事の注意点 派遣工事と無派遣工事

NTTの指定した業者が、家に来て工事を行うことを「派遣工事」といいます。

派遣工事には「ドコモ光」を申し込んた時に申告した利用者の立ち会いが必要になります。

工事時間は1時間くらいですが、状況によってはもっとかかることもあるので、時間には余裕を持っておいた方がいいと思います。

派遣工事は不要の場合もあります。その有無はドコモ側で行うので、こちらで決めることはできません。

速度面で抑えておきたい点

快適さを求める方は、プロバイダー選びに注意してください。

IPv6 IPoE +(IPv4 over IPv6)接続に対応しているプロバイダを選んでください!

提供サービス名としては、

  • V6プラス
  • IPv6オプション

と言われるオプションサービスです。※IPv6が速いのではなくて、IPv6 IPoE+(IPv4 over IPv6)接続が速くなるのです。

わたしも、快適にインターネットを利用する上で、絶対に外せないオプションと思っています。

→ 「V6プラス」に加入したら63倍速くなった!

遅い原因は、混み合うことにありますが、このオプションを利用すればその混雑状態を回避してインターネットにつなげることができるんです。

ドコモ光のキャンペーン

キャンペーンは、ドコモ側とプロバイダー側で行われています。

プロバイダーによっては、キャッシュバックキャンペーンを行っているところもあるので、よく調べて契約されることをおすすめします。

注意点として、ドコモの店舗で契約するとこのプロバイダーキャンペーンの一部を受け取ることができません。それで、契約するならネットがおすすめです。

どんなときもwifi

管理人KEIがおすすめするドコモ光プロバイダー

今回ご紹介した内容を、すべて考慮して総合的におすすめするプロバイダー1位をご紹介します。

それは、GMOとくとくBBです。


●コストパフォーマンス、サポート断トツの1位。

●IPv6プラス対応。

キャッシュバック5,500~20,000円
ウイルス対策12カ月無料
無線ルーター無料レンタル
出張サポート無料

詳細ページ公式ページ

さいごに

今回は、ドコモ光についてまとめてみました。

ドコモの店舗での契約だと、プロバイダーキャンペーン分を損をします!できればネットで申し込まれることをおすすめします。

じっくり調べて、納得のいく契約ができることを願っています。

ではまた!

→ 契約者が「enひかり」のすべてを解説|メリット、デメリットや開通までのまとめ